« 多賀谷城をゆく | トップページ | 小田城をゆく »

2011年5月15日 (日)

常陸府中城をゆく

常陸府中城に土塁が残る。

JR常磐線の石岡駅で降りる。

駅前を少し左に行って右に入り、坂道を上っていく。交差点を左に折れてまっすぐに進むと、北向観音堂があった。

その観音堂から少し左に行き、奥に進むと春林山平福寺である。ここには市指定史跡の常陸大掾氏墓所があるという。すぐに大きな石碑が目に入る。「常陸大掾氏碑」とあり、石碑の左上が欠けていた。しかし、墓はあるのだが、肝心の墓所が見当たらない。境内にいる方に教えていただいた常陸大掾氏墓所では、地震で落ちた墓石がころがっていた。

平福寺を後にすると、北向観音堂のすぐ先に府中誉株式会社の門がある。登録有形文化財の建物は地震の被害を受けていた。

国道355号線を渡り、国府平の森 金刀比羅神社に参る。手を合わせ、清凉寺に向かう。

清凉寺の寺紋は佐竹氏の家紋の「月丸扇」である。案内板によると、天正18年(一五九〇)豊臣秀吉から常陸と下野を佐竹氏の領地として朱印状により公認されたことから、佐竹氏はいよいよ江戸氏、大掾氏などの討伐を始める。江戸氏の水戸城を攻め落とし、その余勢をかって府中城を攻撃、戦火の中、清凉寺や不動院などの多くの神社仏閣などが府中城とともに焼失した。その後、佐竹義宣の叔父南義尚が府中城主となり、清凉寺を菩提寺として再建したとのことである。

清凉寺の隣にあるしゃれた造りの公園を抜けて西に向かうと、土地が起伏に富んできて、いよいよ府中城が近いのかと思う。

下って、車道を横断し、上っていって左側にある階段を上る。

少し行くと、石岡小学校の脇に大きな鳥居がある。「危険 鳥居にヒビが入っています。近づかないで下さい。」とあるので静かにくぐる。府中城の堀跡かと思われる参道を進むと、常陸国総社宮の茅葺の隋神門が現れる。ただし、石岡市指定文化財である隋神像は修復が始まったということで、ここにはない。

門をくぐり、拝殿に手を合わせる。それから逆光の建物をデジカメで撮った。

急な石段を下りていくと、こちら側にも鳥居があった。「常陸國總社宮」の石柱もある。鳥居をくぐり、府中城を右に見て西へと進む。

かなり歩いて、今度は道に沿って城を上っていく。民家が密集していて、上り切ると、やがて道は東に向かう。

しばらく行くと、右手に堀があり、左手にも視界が広がる。こちらも堀跡と思われる。

保育所の脇にオレンジの花が咲いていて、きれいなのでデジカメで撮った。保育所の先を下りていき、地形を確かめて戻る。

それから石岡小学校を右に見て北へ進み、突き当たりを左に下りていった。左手の水堀跡かと思われる小さな流れに沿って下りていき、かつての府中城、現在は民家が建つ高台を見上げて戻った。

市民会館の入口に「石岡の陣屋門跡」の石碑が建つ。そして石岡小学校に入ると、土塁の上には「常陸のみやこ 一千有餘年」の碑があった。

県指定有形文化財「石岡の陣屋門」、市指定史跡「府中城の土塁」をデジカメで撮る。「常陸國府跡」の碑もあり、これもデジカメで撮った。石岡市民俗資料館も見学した。

その後、青屋神社を訪ね、若宮八幡宮に向かった。

若宮八幡宮では鳥居の位置からトラロープが張られており、「危険 ロープ内に立ち入らないでください」とのことである。境内を見ると、多くの石灯籠が倒れていた。

それから常陸国分尼寺跡を訪ねる。国指定特別史跡とのことで、大変広い。歩き回った後、常陸国分寺跡も訪ねた。

戻る途中、いしおかイベント広場には「がれき類の受け入れは終了しました。」とあり、地震の被害を思った。

青木稲荷神社に参り、それから照光寺の常陸府中藩主松平家墓所を訪ねた。そして高野菓子店で釣鐘最中を買い、東京庵でそばを食べた。

最後に鈴ノ森稲荷神社に参り、石岡駅に戻る。

石岡駅から電車に乗った。

本日、14635歩也。

« 多賀谷城をゆく | トップページ | 小田城をゆく »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397123/42524419

この記事へのトラックバック一覧です: 常陸府中城をゆく:

« 多賀谷城をゆく | トップページ | 小田城をゆく »