« 小幡城をゆく | トップページ | 常陸府中城をゆく »

2011年5月 8日 (日)

多賀谷城をゆく

多賀谷城は公園の中にある。

関東鉄道常総線の下妻駅で降りる。

橋を渡って駅の東側に下り、左にやや上がっていくと多賀谷城跡公園がある。公園は四角く道路から盛り上がっている。中に入ると花が咲いていて、きれいに整備されていた。奥に進むと一段と高い場所があり、「下妻市指定文化財 史跡 多賀谷城本丸跡(旧名 下妻城)」の標柱がある。

案内板によると、

多賀谷氏は、初代氏家が現在の多賀谷城跡公園の一郭に本丸を構え、隣国豪族を攻めてその勢力下に置くほか小田原北条氏政勢の再三の来襲を撃退するなど七代にわたり百四十七年間下妻城主として常総地方に栄えていた。慶長五年、関ヶ原の戦が起き七代重経は佐竹氏とともに西軍に心を寄せ徳川家康の再三の誘いにも出陣しなかった、この戦いで家康に憎まれ石田三成にくみした理由で慶長六年(一六〇一)二月城主追放城破却となり当地を去った

とのことである。

石段を上がって多賀谷氏遺跡碑に手を合わせた。並んで建つ平和塔にも手を合わせて公園を後にする。

再び橋を渡って下妻駅の西側に行き、下妻一校の脇に建つ城山稲荷神社を目指す。赤い鳥居をくぐって神社の境内に入り、多賀谷城の名残の土塁を見学した。

それから光明寺を訪ね、親鸞御手植の菩提樹と明空御手植の柊を見る。

駅からの道に戻り、砂沼を目指す。途中、郵便局のところを右に入り、翁屋で「きぬの夕月」と「多賀谷城」を買った。その先の成田屋でも和菓子を買い、先を急ぐ。

少し行くと右手に砂沼が広がる。沼を囲む風景とそれが沼に映っている情景をデジカメで撮った。

道は長塚三差路で国道に合流する。国道を進み、砂沼公園入口交差点を右に入る。

下妻市ふるさと博物館を目指すが、距離がありそうなので途中で細い道を左に入りショートカットを目論んだが、博物館への入口は一箇所で、かえって余計に歩くことになってしまった。

博物館は洒落た造りで、200円を出して入館する。ホールには城の模型があった。これをじっくり見てから常設展示室を見学した。

セブンイレブンの脇の道を進んで砂沼に出る。沼に沿って南に歩くと橋がある。砂沼大橋は工事中であった。耐震補強工事をしているようだが通行はできた。砂沼には釣り舟が何艘も出ていて、さざ波が立っていた。

橋を渡り終えると砂沼広域公園観桜苑が広がっていて、しばらく散策した。

公園を出て右に進み、交差点を横切ってさらに歩き下妻神社に着いた。ここで天然記念物「下妻神社の大欅」を見て、さらに進む。

常総線の踏切を渡り、下妻警察署南交差点を左に行った踏切の左側にある、これも多賀谷城の名残の土塁を見る。

それから多宝院を訪ね、多宝院の東側に広がる田んぼを見下しながら警察署のある県道に下りて行った。

下妻警察署の前を進んでいく。このあたり、土地が低く昔は沼か湿地だったのだろう。地震後に道路を補修した痕がある。歩道には細かな地割れがあった。

やがて糸繰川に架かる橋に出て、今度は川沿いに北へ向かう。まわりは水田だが遠くの右手に森がある。目指すは大宝城である。

川から離れて森に向かって歩き、左右に分かれる道を左に向かう。大宝城の周囲を歩く。

「昭和九年五月一日国指定文化財(史跡)大宝城跡(平安-南北朝時代)」の標柱がある。所々で右手の城側を見上げながら歩いていく。左手は旧大宝沼である。

北側のあじさい園から城に入り、「南北朝時代に南朝方の拠点として名を馳せた大宝城のからめ手の土塁が往時のままに残っています」という歴史の散歩道を歩いた。

あじさい園を出て北側から東側にまわり、敵返不動尊を過ぎてさらに進む。城の周囲をほぼ一周し、城の南「大寶八幡宮」の石碑が建つ鳥居から入城する。

「国指定文化財 史跡 大宝城跡」の案内板によると、

平安時代から南北朝時代にかけてあった城跡。西、北、および東方の一部を旧大宝沼に囲まれた台地の自然の地形を利用して造築された城郭であり、東方も古い時代は沼か湿地であったと思われるから三北断崖に面した要害の地であった。

とあり、城跡は大宝八幡宮の境内として今にその面影を留めているという。境内南東にある土塁に上がり遠くを見渡した。

それから大宝八幡宮の参道を進み、拝殿に手を合わせて御守を買った。さらに奥に進み、本殿を横から見上げ、「贈正四位下妻政泰忠死之地」の碑に手を合わせた。

大宝駅から電車に乗って帰る。

本日、23157歩也。

« 小幡城をゆく | トップページ | 常陸府中城をゆく »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397123/40556180

この記事へのトラックバック一覧です: 多賀谷城をゆく:

« 小幡城をゆく | トップページ | 常陸府中城をゆく »